イベント情報

■福井県

NPO法人 中池見ねっと

生きものワイワイ!ミニ田んぼしよう~(^0^)/田植えの巻

●日 時:2017年4月29日(土)・30日(日)10:00~
●場 所:中池見人と自然のふれあいの里 ビジターセンター
●参加費:5,000円/1区画(要申込)
●問い合わせ:TEL 090-8269-9801
http://blog.nakaikeminet.raindrop.jp/

 おいしいお米とたくさんの生き物を育む中池見の田んぼ。ミニ田んぼサポーターは、この田んぼの生き物たちの応援団です。昔ながらの田んぼづくりをすることで、田んぼの生き物たちが当たり前に棲める環境を守ります。
 「ミニ田んぼ」は1区画5m×5mと、初めての方でもチャレンジできる、手ごろな広さ。一年を通して、株踏み・田植え・草取り・稲刈り・ハサ掛け・脱穀と、手作業で行います。
 田植えの時期には、オタマジャクシやメダカがいっぱい!秋の実りの頃には、ミズトラノオやミズアオイなど、今では、全国的にも希少となってしまった花が、田んぼのあちらこちらに咲き広がります。
 そして、楽しみなのは自分たちで育てたお米を食べるとき。天日干ししたお米は噛むと甘くて、本当に美味しいですよ~



【中池見ねっとについて】
 特定非営利活動法人中池見ねっとは、2008年5月、敦賀市の大切な資産である中池見湿地の、絶滅危惧種を含む生物多様性の保全及び湿地の持続可能な利用を図ることで、自然と人間が共生できる豊かな社会の実現に寄与することを目的に設立しました。現在、敦賀市からの委託や各種団体からの助成金などで、草刈り・水路整備・希少種のための水田環境整備や調査など中池見湿地の保全・管理と、中池見人と自然のふれあいの里の運営を行っています。
中池見ねっと ホームページ
http://nakaikeminet.raindrop.jp/

【中池見湿地について】
 中池見湿地は福井県敦賀市にある、広さ25haほどの小さな湿地です。敦賀駅から約2㎞と市街地のすぐ近くにありながら、周りを山に囲まれて、まるで隠れ田のように静かな時間が流れるところです。
 昭和40年頃まで全域で水田耕作が行われ、当時からの小さなため池や大小の水路などその多様な水辺環境には60種以上の絶滅危惧種を含む約3000種の生き物が確認されています。
 2012年、その生物多様性の高さに加え、袋状埋積谷という特異的な地形や、世界屈指の厚さ40mにも及ぶ泥炭層が地下に堆積していることから、「国際的に重要な湿地」と認められ、中池見湿地はラムサール条約に登録されました。