イベント情報

■長崎県

川原人会(こばるとかい)

川原(こうばる)ほたる祭り

●日 時:2017年5月27日(土)18:00~21:00
●場 所:川原広場一帯(長崎県東彼杵郡川棚町岩屋郷(川原)
●参加費:無料
●問い合わせ:TEL 0956-83-3372、TEL 090-7292-8830

 ホタルの群生地で知られる清流石木川の中流域川原(こうばる)地区で、毎年5月の最終土曜日にホタル観賞を兼ねたほたる祭りを開催。今年で記念すべき第300回を迎える。祭りでは、美しいホタルの乱舞を楽しむ他、麦わらでホタルかご作り、餅つき、産地特産品や手作りの飲食品の販売などの出店がある。また、協賛団体の展示や舞台での演奏、歌やトーク等もある。ホタルの見頃は5月中旬から6月上旬で、夜8時前後に多く乱舞が見られる。イベントは1日だけで、他の日は鑑賞日となる。



【団体・湿地紹介】
 九州のマッターホルンと呼ばれる虚空蔵山を源とする石木川は、本流の川棚川に河口から2.5kmほどのところで合流して大村湾に注ぎます。山と川の自然を守ることは、閉鎖性海域である大村湾の環境保全にもつながります。ホタルは豊かな里山の環境バロメーターです。昨年東京から足を運ばれた方が、「今までの人生で見たホタルの何倍もの数を一瞬で見せてもらった」と大変感動されました。ホタルの見頃は5月中旬から6月上旬で、夜8時前後に多くの乱舞が見られます。ぜひ幻想的な光の中に一度お立ちください。
 川原地区は石木ダム建設事業の水没予定地で、すでに一部の土地を強制収用した起業者は、昨年13世帯の家屋土地等すべてを強制収用のまな板に載せました。戦後の日本で初めて行われる住民が生活している土地・家屋の強制収用を許せば、公共事業の名のもとに日本中の自然破壊に拍車がかかることになります。これ以上自然破壊を許さない戦いが正念場です。