イベント情報

■千葉県

特定非営利活動法人行徳野鳥観察舎友の会/行徳生物多様性フィールドミュージアム研究会

フィールドミュージアム「干潟生物調査」

●日 時:2018年5月27日(日) 10:00~14:30(小雨決行)
●場 所:行徳鳥獣保護区(市川市新浜)
●集 合:行徳野鳥観察舎 玄関前(市川市福栄4-22-11)
●参加費:50円 *要昼食
●問い合わせ:TEL 047-397-9046
http://gyotokubird.wixsite.com/npofgbo

行徳鳥獣保護区で、毎回テーマを変えて実施しているフィールドミュージアム。カニやクモ、トンボなど生き物調査を主体とした観察会です。今回は、干潟の生き物調べ。砂質の岸から泥質の海面部へとつながる保護区小島岬の浜で、貝やカニなどを採集し、同定・記録を行います。


【団体紹介・湿地紹介】
行徳鳥獣保護区は、周りを住宅や倉庫群に囲まれた都市近郊の自然保護区。埋立地に造成された保護区には都市排水を水源とする淡水湿地が整備され、樹林・ヨシ原・泥干潟など多様な環境ができています。東京湾とは水門で繋がり、淡水~汽水~海水と連続した環境は、さまざまな生き物が利用しています。

当会はこの行徳鳥獣保護区の管理や調査を県から請け負い、より良好な環境を目指して活動しています。そのほか自然観察会の開催、野鳥病院の管理運営、会報発行なども行っています。野鳥観察舎は残念ながら閉館となってしまいましたが、どうぞ保護区に遊びに来てください。