イベント情報

■愛知県

NPO法人藤前干潟を守る会

藤前干潟 生きものまつり

●日 時:2018年4月29日(日) 10:00~15:00
      (雨天予備日:4月30日(月・祝))
●場 所:藤前活動センター(名古屋市港区藤前2-202)/藤前干潟
●参加費:無料(ただし観察会は要申込/大人200円/小中学生100円/幼児無料)
●問い合わせ:TEL 080-5157-2002(9:30~16:00/月曜・第3水曜を除く)
http://www.fujimae.org/

毎年恒例の、藤前干潟の春のイベントです。今年も石ころ干潟観察会&干潟観察会。ライブなどを行います。また、さまざまなグループによるブース出展もあります。
今年はミュージシャンであり、バードウォッチングツアーガイドでもある「♪鳥くん」と、愛知県で環境や生物多様性保全をテーマとしたミュージカルを上演している「劇団シンデレラ」によるコラボライブも行う予定です。また、♪鳥くんによるバードウォッチング講座&ガイドも実施予定です。


【団体紹介・湿地紹介】
●藤前干潟 紹介
愛知県名古屋市の南西部、名古屋港のなかに広がる藤前干潟。大潮の干潮時には約200ヘクタールの干潟が現れます。
かつてはゴミの最終処分場予定地として埋め立ての危機にありましたが、市民による長年の保全活動により1999年に埋め立て計画は中止。2002年にはラムサール条約湿地に登録され現在に至っています。旅鳥であるハマシギやダイシャクシギ、ダイゼンなどのシギ・チドリ類の重要な中継地のひとつであり、アナジャコ、ヤマトオサガニ、トビハゼといった底生生物の貴重な生息地でもあります。周囲を大規模な港湾施設や工場に囲まれた、大都会に残された「生きものたちのオアシス」というべき場所です。

●NPO法人 藤前干潟を守る会 紹介
藤前干潟を名古屋市のごみ処分場建設計画から守るために、1987年に活動を開始しました。その後、1999年の計画中止および保全確定を経て、2002年のラムサール条約湿地登録を機に、NPO法人格を取得(2003年)しました。
私たちNPO法人藤前干潟を守る会は、藤前干潟の保全の歴史。そこに見える環境保全のメッセージを多くの人に伝え、藤前干潟とその流域、生物多様性を保全する活動を展開しています。