イベント情報

■愛知県

白玉星草と八丁トンボを守る島田湿地の会

島田緑地自然生態園自然観察会

●日 時:2020年6月20日(土)・21日(日)10:00~12:00(受付9:30~10:00)
●場 所:天白区高島二丁目 島田緑地自然生態園
●参加費:無料
●問い合わせ:みどりの協会 TEL 052-731-8595、天白土木事務所 TEL 052-803-6644
http://www.nga.or.jp/moridukuri_partnership/白玉星草と八丁トンボを守る島田湿地の会/

 島田湿地は周伊勢湾に存在する地質・東海層群の上に形成された湧水湿地で、かつては名古屋東部丘陵に湧水湿地は数多く存在した。武豊の壱町田湿地はその例で、東山植物園、平和公園にも見られる。島田湿地は標高60mの名古屋市では非常に高いところにあり、かつて3ヘクタール近くあり島田湿原と呼ばれていた。1987年島田湿地の会が結成され、保全活動を始める。今は、住宅街に囲まれた山を含めた3ヘクタールが名古屋市によって保存・管理されている。周伊勢湾要素の湿地群:シラタマホシクサ、サワギキョウ、ノリウツギ、モウセンゴケ等の食虫植物、ハッチョウトンボ、オツネントンボ等かつては37種類確認されていた。年2回観察会を行っている。

※申込締切:6月5日(金)消印有効
 対象:小学生以上の方(小学生は保護者同伴)、抽選で各60名
 申込:電子申請か往復はがき(1通5人まで、希望日・年齢も記入)で、
    みどりの協会(〒466-0064 昭和区鶴舞一丁目1-166)
    TEL 052-731-8595、 FAX 731-0201 

【団体紹介・湿地紹介】

白玉星草と八丁トンボを守る島田湿地の会
1987年2月15日 湿地の会発足
1991年 島田東部土地区画整理組合から名古屋市に移管
1992年9月27日 会主催の島田湿地自然観察会開催
1994年7月5日 基本計画(案)『再生区域』『保全区域』
・再生区域は4月~10月の土曜日・日曜日・祝日午前9時~午後4時30分公開
・保全区域は生き物たちの聖域(サンクチュアリ)として原則非公開、下記公開日に公開
湿地の保全活動:毎月第3日曜日午前9時半~正午
総会:3月の保全活動日の午後開催
島田湿地公開日:年4回
・年度末 午前9:30~正午「ショウジョバカマの観察」
・8月の第3土曜日 午前9:30~正午「湿地に舞うサギソウの花」
・6月の第3土曜日、第3日曜日 午前9:30~正午「湿地の生き物たち─トンボと食虫植物─」
・9月の第3土曜日、第3日曜日 午前9:30~正午「シラタマホシクサの観察」


再生区域

保全区域