イベント報告

生きものワイワイ! ミニ田んぼしよう~(^0^)/ 田植えの巻

●主 催:NPO法人 中池見ねっと
●実施日:2019年4月27日(土)・28日(日)10:00~12:00
●場 所:中池見人と自然のふれあいの里(福井県敦賀市樫曲79奥堀切)
●参加者:67名

中池見湿地の水田生態系を市民の手で守る取り組みとして行っているミニ田んぼサポーター事業、「株踏み体験」に続く「田植え」。受け持った一区画5m×5mの田んぼに、それぞれのペースで苗を植えていきます。
今年も昨年と同様、初日は冷たい雨風の厳しい天候となりましたが、田植え作業が始まる頃には、徐々に雨もあがり、無事に作業をし終えることができました。そして、2日目は穏やかないいお天気に恵まれ田植え日和となりました。

田んぼの中には、大量のトノサマガエルの卵塊があり、苗を植えるための筋引き作業をされていたサポーターさんからは、ここに筋を引いていいんですか?と聞かれる場面も。
カエルにとっては想定内のことですから、大丈夫ですと励まして、しっかり筋を引き、苗を植えていただきました。
生き物探しに夢中な子どもたちのバケツの中には、ドジョウにドンコ、大きなトノサマガエルにメダカやオタマにタニシ、そしてアメリカザリガニとオールスターズ(笑) ナマズの子どもを捕まえた子もいました。
作業の後には、湿地で摘んだセリを使ったセリご飯やお味噌汁のふるまいを食べて田植えは終了。
おとなもこどもも粘る泥に苦戦しながらも、笑い声の絶えない田植えの日となりました。
次の作業は、5月末からの草取りです。変わる風景を楽しみにいらしてくださいと、お伝えして解散となりました。

田植え日和


田んぼの中はトノサマガエルの卵塊だらけ

スタッフに指南受け


たくさん捕まえたよ!

●関連記事URL
http://blog.nakaikeminet.raindrop.jp/?month=201904