イベント報告

江戸前干潟研究学校

●主 催:特定非営利活動法人 行徳野鳥観察舎友の会
●共 催:行徳生物多様性フィールドミュージアム研究会
●実施日:2020年7月25日(土)10:00〜13:00
●場 所:行徳鳥獣保護区(市川市福栄4-22-11)
●参加者:14人

 前日に保護区10地点に設置しておいた定置網を回収して、採集された水生生物を観察・記録していく調査観察会。新型コロナウィルス対策として一般参加の定員を10名までと制限し、マスク着用しての実施。残念ながら降雨がひどくなったため一般参加者には途中で終了・解散としましたが、久しぶりの野外活動ということで子供たちも楽しそうでした。採集された生物は通常時と比べる量も種類も少な目でしたが、久しぶりのテナガエビ大型個体やシャコ、初記録のクルマエビなどが見られました。

●関連記事URL
http://suzugamo.seesaa.net/archives/20200725-1.html