RiceBEDtitle


tambowarashi 国際的な取り組み

 田んぼの生物多様性向上に向けた取り組みは、日本国内にとどまりません。水田が古くから営まれてきたアジア諸国はもちろんのこと、国際会議の場でも水田が生物多様性の維持に欠かせない存在だという認識が広がっています。ここではそのいくつかを紹介します。

■ラムサール条約第9回締約国会議 Ramsar-COP9  


■ラムサール条約第10回締約国会議 Ramsar-COP10  


■ラムサール条約第11回締約国会議 Ramsar-COP11
   (ルーマニア ブカレスト 2012年7月6日(金曜日)~13日(金曜日))


tambowarashi 水田決議円卓会議準備会

 国際的にも注目が集まる水田決議円卓会議準備会。その取り組みとは? 詳しくはこちら


tambowarashi 関連資料

 田んぼの生物多様性を向上させる取り組みの一つとして注目されるふゆみずたんぼ。乾田化が進んだ水田では、冬になると土ぼこりが舞うほど乾いてしまうことがあります。湿地の生きものが田んぼで暮らしていくためには、冬にも水があることが大切です。
■ふゆみずたんぼ パンフレット (環境省のページへ)
fuyumizutambo